« 自己神欲をなくすために | トップページ | 聞くことについて »

再び始めます。

1年半ほど前にまで定期的に書いていたブログですが、体調の問題から長くお休みをしていました。体調も回復し春休みということで、無理のない範囲で再び始めます。と言っても、どのくらいの頻度で書けるかはわかりませんが、できるだけ週に1度くらいのペースで書いてみたいと思います。

以前は、できるだけ新しいニュースをゼミの皆さんに届けることを心がけていました。中々新しいニュースもありませんので、今回は昔のことを含め私がこれまで学んだことを書いてみたいと思います。あくまでもゼミの現役の皆さんやOBの方が対象ですので、少し不確かなことや初歩的なこともあるかもしれませんが、お許しください。何か間違いがあればぜひ指摘してください。
さて、私には恩師と呼べる先生が4名います。大変ラッキーです。高校時代、大学時代、修士課程時代、博士後期課程時代です。特に影響を受けたのは、学部時代の肥田日出生先生と後期課程の小林保彦先生です。肥田先生はご自身でfacebookに多くの投稿をされているので、ぜひチェックをしてみてください。大変勉強になります。
実は、今回ブログを再開しようと思ったきっかけは、今年に入って小林先生のお話を聞く機会が何度かあったためです。小林先生が主催される勉強会に2度、そして昨晩昨年惜しまれつつ亡くなられた近畿大学の妹尾先生を偲ぶ会でお会いしました。この会は、法政大学の青木先生が企画してくださり、小林先生や多摩美術大学の佐藤先生、青学で講師されているコンサルタントの山本さん、アジャイルメディアネットワークの藤崎さんが参加されました。主旨は妹尾先生をお送りすることですが、広告クリエイティブの理論的な「広告知」をお持ちの皆さんで本当に深い勉強になるお話がうかがえました。
元々妹尾先生とは青木先生や山本さんと一緒に小林先生が主催するアカウントプランニング研究会でご一緒させていただいたのが最初です。その後、一緒に『アカウントプランニング思考』というご本を研究会のメンバーで出させていただきました。本当に素晴らしい本です。ぜひお読みになることをお勧めします。
話は変わりますが、今ビッグデータやネット広告がますます注目されています。ついにネット広告の広告費が新聞広告の倍以上になり、また昨年からACの広告賞でも通常のTVCMとは別にネット動画を対象にした賞もできました。
ネット広告やビッグデータは多くの数値データが取れます。小林先生の受け売りですが、ビッグデータはますます全数調査に近い結果を得ることができます。ただし、ここでの問題はこれらはあくまで過去のデータであることです。間違ってほしくないのですが、量的な調査を必要な無駄だと言っているわけではありません。ただし、インサイトを発見する一つのテクニックの1つだと考え、量的調査がすべてだとは思わないで欲しいということです。量的な調査だけを盲目的に信じることは、大きなミスを犯すことにもなります。
特に新しいアイデアを得るためには、質的な調査は必須です。投映法や参与観察、そしてインタビュー調査は本当に重要だと思っています。特にインタビュー調査にも関わりますが、「聞く」ということは本当に大切です。実は、この「聞く」ことの大切さを、小林先生の研究会で再度教えていただいたことです。このことについては、また別に機会に書きたいと思います。
話が長くなりましたが、ネット広告やビッグデータが評価を受けている今日だからこそ、実はコンシューマーインサイトを見つけ、戦略を立てることが重要になってきます。戦略開発というと少し古い言い方かもしれまんね。ゼミでも言っていた、コンシューマーインサイトをもとにした物語作り、が基本です。どのようなビッグデータを取るのか、出てきたデータをどう生かすか、また単なるリスク回避の効率追及ではない、大きな価値を生み出す広告コミュニケーションを行うためにもぜひゼミで習ったコンシューマ―インサイトを意識してください。

|

« 自己神欲をなくすために | トップページ | 聞くことについて »

広告全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/63293083

この記事へのトラックバック一覧です: 再び始めます。:

« 自己神欲をなくすために | トップページ | 聞くことについて »