« コンペの勝因 | トップページ | 大学のPR »

シンプル

今日の2大ニュースは、石原都知事の辞任とプロ野球のドラフト会議だったと思います。私は巨人ファンですので、ドラフト会議は2年越しの菅野君の入団が決まり喜んでいます。一方北海道日本ハムはメジャー行きを望んでいた花巻東高校の大谷投手を指名したことで、大谷君の多少困った顔が印象的でした。

メジャーと日本のプロ野球でのルール作りがまだのため、多少複雑な状況ですが、それでも以前に比べると大分シンプルになったと思います。

一方、政治の世界は複雑でわからないことが多いというのが正直な感想です。あれだけ主義・主張の異なる人たちがいる民主党が一つの党でありつづけたり、また石原都知事と橋下大阪市長も大分考えは違うのに、石原都知事は連携を模索しているようです。

それにもまして、衆議院と参議院のねじれ現象はいつまでこんなことが続くのかとあきれるほどです。

私は、物事はシンプルにすべきだと思います。ますます情報処理が必要になっている現代においては特にです。少し短絡的で過激と言われるかもしれませんが、私は、衆議院と参議院の選挙は同じタイミングで行う方がよいと思っています。ただし、その投票方法を変えるという考えです。たとえば、参議院は全国、衆議院は総選挙というようにです。

その方が、シンプルですし、また何年間は選ばれた政党がじっくり仕事が出来ると思います。一国の問題ですので、そう簡単ではないかもしれませんし、是非専門家の先生に聞いてみたいと思います。もしそのようにすれば一定期間はある政党が自分の政策を実現できる可能性が高いわけで、その政党に任せて問題が発生すれば、次の選挙で国民ももっと真剣に考え、選挙にも行くような気がします。

政治の話はこのブログではあまり似つかわしくないかも知れませんが、広告の世界でも出来るだけシンプルに考え、ルール化するのが大切な気がします。本当に良いキャンペーンや、インサイトは、本当にシンプルに納得するものです。

|

« コンペの勝因 | トップページ | 大学のPR »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/55971511

この記事へのトラックバック一覧です: シンプル:

« コンペの勝因 | トップページ | 大学のPR »