« 踊る大捜査線FINALを観てきました | トップページ | 移動者マーケティングの可能性 »

人生の3つの価値とは

今日は、来年の新ゼミ生のためのガイダンスがありました。今年は広告論を担当していないこともあり、例年よりはかなり少ない28人の参加でした。金曜日にも行いますので、多くの人が聞きに来てくれればと思っています。

Img_4978


さて、ガイダンス用のパワポに今日1枚のページを足しました。内のゼミに入った時にどのような価値を得ることが出来るかというものです。これは先日みたTV番組で取り上げられていたフランクルの生きる上のでの3つの価値というものに触発されたためです。

フランクルはオーストラリアの精神科医の方で、ユダヤ人であるために戦争中にナチの収容所に入れられた方です。その時の経験を基に「夜と霧」という本をお書きになりました。

さて、フランクルが人生を生きる上の価値としてあげているのは「創造価値」「体験価値」「態度価値」の3つです。「創造価値」とは、何かを生み出すことができるという人間の価値です。論文でも職人さんの機械でも良いわけです。何かを生み出すことを人間は出来るわけで、そのことで生きる意味を持っているというわけです。ゼミに当てはめれば、広告のプランという新しいものを生み出しているわけです。もちろんまだ練習のレベルですが、その階段を1つずつ登ることができると思います。

次の「体験価値」ですが、これは何か素晴らしいことにであった時の感動です。それは綺麗な夕日を観た時でも良いわけです。人は、生きていれば感動する素晴らしい体験を持つことが出来るわけです。内のゼミでは企業研究のプレだったりゼミナール大会で研究が評価された時ですよね。特に5大学プロジェクトでは入賞して、多くのOBの方が涙を流さんばかりに感動して、喜んだと思います。

そして、最後の「態度価値」とは、主体的に自分でそれをおこなうことが出来るという価値です。受け身ではなく、自分の態度を自分自身で決めることが出来ということは、生きる上において素晴らしく価値のあることだとフランクルは述べているようです。内のゼミも忙しく、大変なことも多いと思いますが、それは、人に言われてやるのではなく、自分自身が決めてやっているわけです。主体的に人生を、そして大学生活を生きていることが出来ていると思います。

ということで、手前味噌ですが、現役の皆さんはゼミこの価値を最大に出来るように頑張ってください。そして、OBの皆さんは、この3つの価値を意識して日々を過ごして下さい。そうすれば、きっと、生きる意味を感じ、有意義な時を持つことができると思います。

|

« 踊る大捜査線FINALを観てきました | トップページ | 移動者マーケティングの可能性 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/55793781

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の3つの価値とは:

« 踊る大捜査線FINALを観てきました | トップページ | 移動者マーケティングの可能性 »