« マチュピチュとイースター島 | トップページ | 内向的な人間になろう! »

マイルドセブンとメビウス、どちらが良い?

旅行に行っていた間に録りだめしたWBSを少しずつ見ています。1週間ほど前のニュースで来年2月からたばこのマイルドセブンがメビウス(Mevius)というブランドネームに変わるというものがありました。私はタバコをすいませんが、それでもマイルドセブンは知っていますし、これまでの歴史とブランドの価値を考えれば大きな決断だと思います。

理由は、海外進出のためだそうです。日本では規制も進んでいますし、これ以上の売り上げは期待できないための施策です。海外では、「マイルド」という言葉が健康に悪くないイメージをもたれるという理由で、たばこのブランド名には使用できない国があるようです。それでは、日本はマイルドセブン、海外はMeviusを用いることも考えられると思います。でもナショナルとパナソニックの例もあるように、ブランドイメージの分散というか、どうしても強いブランドを作るには問題があるようです。

Mevius

私が昔担当していたブランドも海外で異なる名前を用い、その後統一しました。「Pedigree Chum」は、ある国では「Pedigree Pal」を使っていましたし、「スニッカーズ」はイギリスでは当初「マラソン」という名前を使っていたと思います。確かイギリスで女性の下着の名前と似ていたために、変えたと聞いています。その後統一はしたようですが。

ブランド名ではありませんが、ブランドカラーを変えたときに大きな混乱をしたことを思い出します。消費者は慣れたブランドを欲しがるものです。今回もブランドネームの変更に気がつかない、お年寄りなどは必至でマイルドセブンを探すことになるかもしれませんね。

プライベートブランドが伸び、ナショナルブランドが厳しい状況にあるとは言われていますが、ブランドの力は以前大きいですね。プライベートブランドもブランドですし、無印良品ということでもしるしがない(ブランドがない)という商品自体も1つのブランドになっています。

ということで、ますます国内だけでは、勝負のできない状況ですし、ブランドネームをつけるときは当初から、世界で通用するブランドネームを考える必要がありますね。

|

« マチュピチュとイースター島 | トップページ | 内向的な人間になろう! »

ブランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/55468138

この記事へのトラックバック一覧です: マイルドセブンとメビウス、どちらが良い?:

« マチュピチュとイースター島 | トップページ | 内向的な人間になろう! »