« ペルーの知恵 | トップページ | マイルドセブンとメビウス、どちらが良い? »

マチュピチュとイースター島

10日ほどの夏休みから昨日帰国しました。南米旅行に行ってきたのですが、帰国は3回乗り換えで、飛行機に乗っているだけで30時間というタフな旅行でした。でも、大変素晴らしい時間を持つことができました。

Photo_2ナスカの地上絵、空中都市マチュピチュ、そしてイースター島が目玉です。特にマチュピチュとイースター島は感じることの多い場所でした。

2つの場所の共通点は、いまだに謎が多いことです。マチュピチュは16世紀、イースター島のモアイ像は10~17世紀につくられており、さほど古いものではありません。特にイースター島についてはほんの100年ほど前までは古い儀式なども残っていたようですが、わからないことが多いようです。その理由は、2か所とも文字がなかったことが影響しているとのことでした。

このことについて現地在住のガイドさんがなるほどというお話をされていました。「携帯にして、コンピューターにしても今の技術は、過去のものより進んでいると考えがちですが本当にそうなのでしょうか。実は、過去の技術のほうが今よりも進んでいて、素晴らしいものもあったはずです」といったことです。その一つが、マチュピチュにある石の建造物です。紙一枚通らないように組み合わせているのですが、それもある場所では表面が湾曲をしているようです。現代の技術でも難しいような加工技術なのですが、それを何世紀も前に彼らは作り上げていたようです。

_1

これらの技術は文字がないこともあり、後世には伝わらなったようですし、またお店で秘伝の味といって門外不出などというものもあります。あえて、後世には伝えない場合もありますよね。次の時代にどう伝えるかは大切だと改めて感じました。

過去の人がどのような技術を持ち、どのようなことを考えて生きていたのかに思いを巡らせることも楽しいですね。今回の旅行では本当に今の世界とは違う「とき」を持つことが出来ました。人はリフレッシュが大切ですね。

|

« ペルーの知恵 | トップページ | マイルドセブンとメビウス、どちらが良い? »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/55442911

この記事へのトラックバック一覧です: マチュピチュとイースター島:

« ペルーの知恵 | トップページ | マイルドセブンとメビウス、どちらが良い? »