« 総選挙マーケティングの新たな方向性 | トップページ | ゲーミフィケーションのポイント »

アトリビューション・マネジメントは日本になじむの?

アトリビューション・マネジメントについての記事が宣伝会議にありました。正直、ほとんど聞いたことのない言葉で、逆に興味を持ち読んでみました。学生の皆さんは別ですが、すでに多くの人がご存じの概念かもしれません。最近本当に勉強不足です。

さて、アトリビューション・マネジメントとは「購買など目標とする行動にまだ至ったユーザーの行動の軌跡を分析し、直前の施策だけではなく、その前段階で影響を与えた施策(間接効果)も測定し、その貢献度合いに応じた適切な予算配分をする取組み」とありました。英語では、「要因分析」となります。

早い話が、最終的にバナーをクリックするまでに至った、サイトなど最終の行動に影響を与えたものそれぞれの効果とそれの貢献度を計量的に分析するような感じです。まだわかりにくいですか。

正直読んでいて、実務時代に行っていたマーケティングモデル分析と同じようだとおもいました。ただし、ここで大きく取り上げているのは特にネット関係の分析のようです。私がSPI時代にかかわっていたのは、ネットも含みますが、多くはTVなどのマス広告やPR活動などでした。私は、数学の専門家でもありませんので、詳しい話はできませんが、おそらく、こちらの方が、データも取りやすく分析もしやすいため、精度も高いと思います。

SPI時代も中々大切で、効果的な分析手法だとお持って仕事をしていたのですが、それほどは急速に広まりませんでした。一つには、SPIが広告会社とは仕事をせずに、広告主とだけ仕事をしていたこともあると思います。

今回、対談をされてている方は、アタラというコンサルと電通、それにリクルートの方でした。コンサルの方も、代理店の方と一緒にお仕事をされたこともあるようです。変わってきたな~という感じです。このような分析作業はこれまでの広告会社の仕事の範囲を超えていますし、ある意味マス広告のコミッションを基本として取引ではマイナスに働きます。でもネットを中心にした分析なら、できるようになってきたし、またせざるを得ない状況なのだと思います。

もうひとつあったのが、このような数字をもとにした計量的な分析は、専門家だけでなく、マーケティングの視点が必要だという話です。計量的な視点とマーケティング的視点の両方を持ち合わせないと単なる数字合わせになってしまいます。逆に、私のゼミ生はマーケティングには興味があっても、数字に強くない人も多いと思います。ぜひ、毛嫌いしないで興味を持って勉強してください。

因みにこの記事が載っているのは宣伝会議の6月1日号108ページです。参考にしてください。

|

« 総選挙マーケティングの新たな方向性 | トップページ | ゲーミフィケーションのポイント »

広告メディアプランニング」カテゴリの記事

コメント

アトリビューション・マネジメント、大手広告主さまでは
どんどん導入が進んでるようですね。

結局Webにしろ、現状の出稿内容の管理と
広告効果の善し悪しの判断基準を見直しましょうってことなので、
考え方自体は昔と大差ないと思います。

ですが、ひでさんの仰る通り、データの精度は見ていておもしろいです。
学生時代、社会調査士の授業を取っておけばよかったとつくづく後悔する毎日ですよ(笑)

投稿: みわけん | 2012年6月11日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/54934697

この記事へのトラックバック一覧です: アトリビューション・マネジメントは日本になじむの?:

« 総選挙マーケティングの新たな方向性 | トップページ | ゲーミフィケーションのポイント »