« トクホのコーラはありか? | トップページ | 外資で働きたいならこれを読め! »

線よりは面でまなべること

昨日は、大阪でのはじめてのゼミのOB会がありました。東京では毎年行っており現役を含め50名ほどが集まります。昨日は、人数的にはそれほどでもありませんでしたが、集まってくれたOBと現役で、楽しくそして熱く語れる機会が持てました。

その前にネットワーク論の先生とお会いする機会があり、その時お伺いしたお話とOB会で少し感じることがありましたので、書いてみます。それがタイトルの線より面の大切さです。

ゼミの活動など1つのイベントは、その時、時間を共有した人たちにとって大変大切な想い出で、良い経験だと思います。その時は大変なインパクトですよね。でもその年、その時が終わると、それで終わってしまったり、たまにその期、その仲間で集まることが多いと思います。それもない場合も多いと思いますが。

もちろん、そのような同じ期の集まりを否定しているのではありません。時に日々の仕事を忘れて学生時代の思い出す機会はあってよいと思います。でもそこに他の年代や現役生がはいるとまた別の意味が出てくる気がします。

ゼミの1つの期のつながりが線であれば、そのように他の期や現役生とのつながりが面になるわけです。かつてのゼミの話をしたり、また今の仕事の話を現役にする場です。その中には、かつて自分が頑張ってことをもう一度整理する機会になったり、また今の自分の仕事の意味を見つめなおす機会にもなる気がします。私もそうでしたが、日々働いている時は、結構つらい仕事もあるのですが、人に話すときは、その良い点を選んで話す気もします。また、新たなヒントも隠されているかもしれません。

うちのゼミはOBの皆さんとの関わりを大切にしています。facebookの登録だけでも160人の中で100人以上はつながっています。ゼミは大学の1年ないし2年の学びですが、本当の学びはできれば大学を卒業してもあるべきだと思います。そういう意味から言っても日々facebookで薄いやり取りがあり、そして年に1度のオフ会を持つのは、大学を卒業してからの1つの学びの姿かもしれません。せっかく今SNSというとても魅力的なツールがあるのですから、これからも線から面の関わりを大切にして、大学卒業後の新たな学びの姿を探していきたいと思っています。

|

« トクホのコーラはありか? | トップページ | 外資で働きたいならこれを読め! »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/54365904

この記事へのトラックバック一覧です: 線よりは面でまなべること:

« トクホのコーラはありか? | トップページ | 外資で働きたいならこれを読め! »