« 公共広告 | トップページ | »

地に足のついた生活

今日は一日花粉症で本当にひどい状況でした。鼻水や涙どころか、頭や首が痛く気分も悪くなる感じです。日本が大変な時に何を言っているのではと感じられるかも知れません。でも精神的なことだけでは済まないこともあります。花粉症の話しはさておき、この大変な時だけに精神的なことだけではなく、冷静な判断も必要だと思います。

もちろん、精神的な思いやりや被災者の皆さんのことを考えることは大切ですが、まずは自分は今何ができるのか、どうすべきなのかということを考えることは大切ですよね。こういう時だからこそ、被害を受けていない人は、思いやりの気持ちは忘れずに、でもしっかりと自分の普段の生活を行うべきだと思います。

俳優の渡辺謙さんもKizuna311で自分のできることをわずかでもよいので、しっかりとやることを訴えているようです。「雨ニモマケズ」は小さいことでもまずは自分ができることを少しずつ行うということです。下が彼の動画です。自分生活をしっかり送りながら、その中で被災者の皆さんに少しでも役に立つように考えるといったことです。

スポーツなどのイベントで中止が相次いています。これについては、意見が分かれますよね。私は、できるのであれば、やるべきだという気がします。そうでないとだんだん暗い気持ちになり閉塞感のみが蔓延する気もします。その時の気持ちがしっかりとしていればよいのではないでしょか。

まず地に足のついた生活をおくる、そうすれば買占めなどもしなくなると思います。普通の中での節電や無駄な買占めをしないことでもプラスにはなっているのです。一人一人がしっかりとした生活をしましょう。

|

« 公共広告 | トップページ | »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/51139687

この記事へのトラックバック一覧です: 地に足のついた生活:

« 公共広告 | トップページ | »