« LEGO | トップページ | Twitter »

研究会

今日は、夜「院生研究交流会」というものに参加してきました。うちの大学院では研究会が活発に開かれているのですが、その研究会ごとに活動報告をするという会です。今日は2つの教室、明日も2つの教室、そして金曜日は4つの教室で25の発表が行われます。

私が参加したものは、「質的調査研究会」という質的調査手法のレビューと実際に行われた質的調査の報告、「現代視聴文化研究会」というグループのアニメについてWikipediaの記述を言語解析のソフトにかけて分析したもの、そして「ソーシャル・ユーザーインターフェース研究会」というグループの、ipadのような電子書籍の端末に印刷された書籍をどう取り込み利用するかといった内容でした。どれも大変面白いものでした。

2番目の言語解析とは、文字で書かれたものを各単語に分けてどの用語の多く書かれたいたか、どの単語とどの単語が近くにあったかを分析するソフトです。結構ネット上には無料のソフトもあるようです。広告分析でもこの手法を使われる先生もいらっしゃいます。マーケティングでは、ネットに書き込まれたユーザーの評価を分析する時などに使います。

電子書籍の研究は、そのものというよりは、研究を行う上でいかに研究を効率して行うかを研究するものでした。特に後半の2つのグループは専門が異なる人たちが取り組んでいる勉強会です。自分の専門と少し異なることを行うことも勉強になると思いますし、また聞くことはまた大変勉強になります。

院生の発表会ではないのですが、先日行われたゼミナール大会で、うちのゼミの発表が100以上の発表の中でベスト7つの発表に入り、2つのグループとも12月21日にホール発表に臨むようです(半分以上の発表は1回生の基礎演習の発表ですが、それでも立派なものですね)。当日就活のセミナーがあることでキャンセルの可能性もあるという話がありますが、2回生のゼミ生の皆さんでもし時間があればのぞいてみるとよいと思います。新しい気付きがあると思います。

|

« LEGO | トップページ | Twitter »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/50311744

この記事へのトラックバック一覧です: 研究会:

« LEGO | トップページ | Twitter »