« タレント広告 | トップページ | 宣伝会議 »

裏工作

今日のトップニュースは、金賢姫元北朝鮮工作員の来日でした。このこと自体、超法規的処置とのことですが、この問題は本当難しい問題ですね。小泉首相の時代に電撃的訪朝があり事件の進展があったわけですが、その時にも明らかになっていない部分で、交渉があったことは事実だと思います。

今日のもう一つのニュースは、かなり昔の沖縄知事選で3億円もの官房機密費が使われた可能性があったとのことでした。裏工作ともいうべきことで、許し難いことだと思います。

但し、広告の仕事をしていても、ここまでのことではありませんが、裏工作のようなことはあると思います。広告業界に限りませんが、昔は頻繁に行われた接待ということも一種の裏工作ともいえます。私は正直にあまり経験がありませんが、たとえば競合コンペの中で、何とか自社に有利な情報を得ようとして担当者に接触しようとしたりすることです。

少し違いますが、昔、ある仕事で、広告主のミスで数百万円の余分な費用が出てしまったことがありました。そのお金をその広告主に正規に請求することは当事者の課長さんの立場上問題が出るので、何度かに分割して請求するといったこともありました。あまりほめられたことでないですね。外資系の広告会社に移ってからは、外部からもらった請求書を添付しなければならなくなり、そのような操作があまりできず困ったことを思い出します。

政治の世界ほどの大きな問題ではありませんが、特に営業職などしていると悩まなくてはいけない場面もあると思います。正直にいって私は、あまりそのようなことが好きではなく、それ以外のことで勝負できるような営業を目指していました。たとえばマーケティング的な知識とかです。ただし、そのような行為のすべてを否定することはできませんし、ある意味、仕事を円滑に進めるためには多少の操作は必要な気がします。但しその時に、どこまでは許されることなのかの基準は自分で持っていたいですね。

これは本当に難しい判断ですが、まずは自分の良心に問うことですね。そうすれば、大体は問題のないレベルで進めることができると思います。自分自身の心に問わなくなると感覚が麻痺してきます。まずは、あたりまえだと思わずにもう一度、考えてみてください。そうすれば、決して大きな間違いはしないと思います。

今回官房機密費のことを話をされた議員の方も、今その話をすることも勇気ある行動と思いますが、その時に自分で本当にそれをしてもよいのかということを考えてほしかったですね。そうすれば、そのような行動を許すことはしなかった気がします。

|

« タレント広告 | トップページ | 宣伝会議 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/48941693

この記事へのトラックバック一覧です: 裏工作:

« タレント広告 | トップページ | 宣伝会議 »