« メディアプラニング | トップページ | 999.9 »

ホーム カミング デー

今日は全学の催し、「ホーム カミング デー」がありました。学校全体のOB会といったものです。多くの著名人がこられ講演をされたり、いくつかの文化的なイベントもありました。うちのゼミでもOBが15名現役が19名参加してくれました。

結構驚かされることもありました。まだ立命館では3年しか卒業生を出していないのですが、今回お子さんを連れてこられた卒業生もいました。また今日初めて聞く話で仕事を辞めて来月カナダに行くという方もおられました。刺激的な一日です。

特別なゼミを行ったのですが、最初は3期生の上山君の仕事の話でした。これも私が日ごろから感じていることでしたので、結構嬉しく感じました。そのあとグループディスカッションを行ったのですが、これも結構みな活発に発言をしてくれました。特に3回生が積極的に意見を述べてくれたのがとても頼もしく思ったりもしていました。

実は、この準備のために結構時間をかけていました。でも不思議ねもので、時間をかけたもので人が喜んでくれたりするととてもうれしくなります。広告会社の性分が抜けないのかも知れません。でも行為ことは決して恥じることでもないと思います。良いことは進んでやる。そのことは結構自分に返ってきます。

そのあと、全体の交流会が地下食堂でありました。ここにも多くのOBの方がこられ、うちの現役や若いOBが積極的に話をさせてもらいました。特に校友会の会長をされている古谷寛さんと今年卒業したOB二人が名刺交換をさせていたときの話が印象的でした。古谷さんはイオングループのサービス事業の最高経営責任者をされている実力者の方です。そのような方が本当に気さくに話をしてくださいました。また二人のOBの人に本当に具体的なエピソードの交え話をしてくださりました。引出しの多さに本当に驚かされました。

古谷さんのお話の中で特に印象的だったのが、OBの一人がインナーの会社に勤めていることで、話された言葉です。インナーも生鮮食料品の発想で仕事をしなければいけないとうことです。回転率と言うことがたいせつだということが1つにはあるのですが、実際の経験に基づいたお話ですので、本当にためになりました。

ゼミ生も年上の方とお話ができ、緊張したがためになったと言ってくれました。本当に良かったと思います。8月6日は東京でのOB会です。現役をいれて昨年は40名ほどの参加でしたが、今年はぜひ50名を目指して、なるべく多く集まってもらいたいと思っています。

では、東京のOBの皆さん、8月6日に会いましょう。

|

« メディアプラニング | トップページ | 999.9 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/48562208

この記事へのトラックバック一覧です: ホーム カミング デー:

« メディアプラニング | トップページ | 999.9 »