« バリエーション | トップページ | 白戸家の選挙 »

回答

今日は、朝から大学院ゼミを行い、その流れで午後一に修士論文の構想発表会がありました。自分の院生の発表で緊張しましたが、どうにか無事に終わりました。

夕方からは、博士論文の公聴会に立ち会っていました。こちらは福祉関係の方の審査で、私は公聴会が滞りなく行われたかを確認する役目です。

もちろん、修士と博士論文ではレベルも全く違いますし、修士のほうは中間報告ですし、博士論文は最終の審査のための公聴会です。

但し、お二人ともしっかり回答していたと思います。修士の私の院生は多少詰まるところもありましたが、それでも韓国出身の方ですので、韓国のSNSの話について回答するときは自信を持って話をされていました。

博士論文の公聴会は、ご本人の親御さんの年齢といってもよいくらいの先生が私を含め4名、院生が6名ほど参加されました。先生方の質問はさすがにどれも的確で私自身大変勉強になりました。内容ではなく、研究の切り口というか方法です。皆さんもたまには全く異なる分野の話もきいてください。

その方の回答も実に穏やかに、でも着実にお話をされていました。内容的にはわかりませんが、どのような角度の質問についてもイギリスの高齢者介護の領域なら話ができるという感じでした。

明日は、いよいよ3回生の企業研究の本番プレです。おそらく、3回生はかなり緊張をしているし、おそらくこのブログを読んでいることもないと思います。ですので明日ではなく、秋の企業研究の時でかまわないので、この分野は自分が自信を持って回答できるというものを持ってください。すべての人がすべての事柄に精通することはできません。

その分、皆がそれぞれ自信をもてばきっと良い結果になると思います。明日のプレ楽しみにしています。期待しています。

|

« バリエーション | トップページ | 白戸家の選挙 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547518/48762882

この記事へのトラックバック一覧です: 回答:

« バリエーション | トップページ | 白戸家の選挙 »